借りやすい教育ローンなら!教育ローンの審査と借入方法

教育ローンの種類とは?

子を持っている人なら誰しも感じることですが、教育というものはお金のかかるものです。
しかし良い教育を受けさせなければ将来も不安になりますし、
子供の将来に投資をすることは大切です。
教育ローンを組む人も珍しくはありません。

 

教育ローンが借りやすい金融機関にはどうのようなものがあるのでしょうか。
教育ローンは銀行、消費者金融、日本政策金融公庫などがあります。
日本政策金融公庫は公的な貸付ですので、金利が低く設定されていることがメリットです。
1人あたり300万円まで借りることができますが、審査が厳しいため、落ちてしまった場合には別の借入先を探さなくてはなりません。

国や銀行で借り入れできない場合は消費者金融があります

銀行の教育ローンは日本政策金融公庫と比べると金利は高く設定されていますが、
長期での借り入れに適しています。

1人あたりの貸付上限は特にありませんが、銀行によって金利や上限はばらばらです。
自分の状況に適した銀行を選ばなくてはなりません。

 

国のローンも銀行のローンも過去に滞納などがあった場合、審査を通過できる可能性が大幅に低くなってしまいます。

 

ローンを組む場合は何か滞納した履歴がないかしっかり把握しておくことと、滞納することがないように注意して生活をしなくてはなりません。
特に国のローンの場合は金融機関と違って、年金や税金、保険の滞納も審査に影響を与えることがあります。
引き落としにして確実に毎回支払えるようにしておきましょう。
どうしても国や銀行で借り入れができない場合、消費者金融を検討してみましょう。

目的別カードローンは目的を伝えれば金利が低く借り入れできます

借りやすい,教育ローン

消費者金融は総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上の借り入れをすることは
できません。
しかし融資には積極的ですので、国や銀行で借り入れができなかった場合の最後の砦になる
可能性があります。

 

カードローンの場合目的別ローンを提供している会社であった場合、
しっかりと教育ローンということを伝えて契約をしましょう。

カードローンは自由度の高いローンですが、金利がかなり高く設定されています。
目的があるローンのほうが金利が低く借り入れすることができます。
目的別ローンの場合は最初に借り入れをしたあとは、追加で融資を受けることができません。

 

また、長い間利用していると金利の引き下げ交渉をすることができるようになります。
半年ほど経ったあとに交渉してみるのも良いでしょう。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
[プロミス]

プロミス

大手消費者金融の中でも最短即日融資や振込キャッシングなど
サービスが充実しているのがプロミスです。
プロミスだったら借入を内緒にしたい自動契約機設置台数もNo1です。
無利息ローンも振込キャシングも近くコンビニATMも利用できます!
>>[プロミス]の詳細はコチラから確認できます。

[プロミスレディース]

プロミスレディース

女性の方にはプロミスレディースがあります!
借入も返済も便利なサービスのプロミスなら安心してお金を借りられます!
>>[プロミスレディース]の詳細はこちらから確認できます。

借りやすい教育ローンを探しているなら消費者金融を

教育ローンを利用したいけど、審査に通らないという方は多いでしょう。
キャッシングなどの多目的ローンと比べると審査が厳しい傾向があり、借りられない方も少なくありません。
過去に2回ほど申し込みしたときもありますが、どちらも審査に落ちてしまいました。
低金利の教育ローンは、金利を引き下げている分だけ審査が厳格になっているようです。

消費者金融を利用する場合は完済プランをしっかり立てましょう

そこで、教育ローンの代用として消費者金融のキャッシングを検討したのです。
消費者金融は教育ローンよりも借りやすいことを知っていましたし、ちょうど貸金業法が改正されて金利が下がったタイミングでした。

 

年率17%台で借りられる消費者金融があったので、ここで50万円を調達することにしました。
審査は非常に早くて、融資も含めて2時間かかりませんでした。

 

銀行ほど審査基準は厳格ではないので借りやすいですし、金利も大差ないのがよいです。
昔は銀行と消費者金融の金利は大きな開きがありましたが、最近は2~3%くらいとなっています。
50万円くらいの借り入れでは大きな利息の差とはなりませんし、消費者金融は繰り上げ返済ができるので楽です。

 

借りやすいだけでなく返済もしやすいので、余裕を見て追加返済をして元金を減らしていっています。
借入残高はかなり減ってきたので、次のボーナスで一括返済ができそうです。
利息は日割りで算出されるので、早く返済したほうが絶対にお得です。
教育ローンの審査に落ちてしまったら、借りやすい消費者金融のキャッシングを利用し、早期の完済プランを立てていきましょう。

 

消費者金融の教育ローンは借りやすいと実感

私の家庭は生活する分には問題がないくらいの経済状況ですが、息子を大学に通わせるほど余裕はなかったのです。
しかし、一人息子ということもあり、なんとか大学まで通わせてあげたかったのです。
息子も大学には行きたいと言っていたので、なんとかそれを叶えてあげたかったです。
しかし、学費が払えるほど経済的に余裕がないのです。
なんとかなる方法がないか、いろいろ調べていたところ、消費者金融でやっている教育ローンというのを見つけました。

定期的な収入があれば消費者金融で教育ローンが借りられる?

借りやすい,教育ローン

私はそのような制度があることは全く知りませんでしたが、とても借りやすいといった口コミを見つけたので、利用してみないか夫と相談をしました。
夫は消費者金融ということで、最初は難色を示したのですが、息子のためには仕方がないと
思いました。

 

店舗に行って話を聞いてみようということになり、店舗に行くことにしました。
お店のカウンターで、担当者から話を聞いていたのですが、とても利用しやすいと思いました。
普通に働いている人であれば利用することができると言われました。
私と夫はこれは利用した方が良いと思い、申し込むことにしました。

 

申し込んでから、審査がありましたが、無事に通過しました。
これで、息子を大学に通わせることができるので、安心しました。

 

教育のためにローンをすることは、考えたことがなかったので、利用することができて、良かったです。
でも借金であることには変わりないので、返済することも忘れたことはありません。

教育ローンは消費者金融が借りやすいと実感しました

消費者金融なら審査もスピーディーで教育ローンが借りられる

借りやすい,教育ローン

子供が大学に合格すると、すぐに入学金を支払わなければなりません。
我が家の場合も例外ではありませんでした。

 

入学時に支払うお金というのは、入学金、前期の授業料、施設費など全て合わせると
約150万円を期限までに一括で支払わなければなりません。
支払われない場合、入学が取り消されると書かれていたんです。

 

我が家の場合、奨学金を利用することは、決まっていました。
ところが、奨学金というのは、大学に入学したあとに、お金が支払われます。
そのため、奨学金を入学金にあてる事はできませんでした。

 

そこで、銀行の教育ローンを検討しました。
銀行の場合、教育に限定して使うという事が、条件です。
我が家の場合、入学金だったので、その条件はクリアすることができました。
ただ、借りるためには、様々な審査があったんです。
すぐに入学金を振り込みたいので、今、お金が必要だと言っても、それはできませんでした。

 

そこで消費者金融について調べてみたんです。
消費者金融の場合、お金を使う目的などを聞かれる事はありません。
審査もほとんどなく、すぐに必要なお金を借りる事が出来ました。

 

今回、初めて消費者金融を利用したんですが、我が家が利用したのは、すぐにお金を返済できるのなら無利息で借りる事ができるというものでした。
我が家の場合、入学後、奨学金が支払われる事が確定していました。
そのため、奨学金が支払われればすぐに返済できるので、この無利子の制度を利用しました。
すぐにお金が必要な場合、消費者金融の方が、借りやすいと実感した出来事でした。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス


「借りやすい教育ローンなら!教育ローンの審査と借入方法を解説」関連情報